チャンスを無駄にしないためには計画が大事

夏休みだからこそ目標を立てて挑戦を

私は、夏こそさまざまなことにチャレンジできる季節だと思う。長い休み期間に加え、うだるような暑さが連日続く夏休みは身体がだらけやすい。意識して活動的に過ごさなければ、まったく充実感のないまま夏が終わってしまうという事態になりかねないのだ。せっかく好きなことを自由に出来る期間が設けられているのだから、ここは夏休みに入る前に入念に計画を立て、その目標を達成すべくチャレンジしてみるのが良いだろう。だからと言って、何も自分が嫌いなことばかり無理して挑戦しなければならないという訳ではない。自分のこれまで集中して取り組んできた趣味や活動でも良いし、それらの資金作りのためのアルバイトでも構わないのだ。自分が心から夢中になれるものについて、夏休みだからこそ可能なチャレンジをしてみるのが大切なのである。幸い、こうした活動をサポートしてくれるようなイベントもまた、夏をメインに行われるケースが多い。趣味やスポーツに関する自治体や関連施設が主催するサマーイベントや、福祉団体が主催する大規模なボランティア活動、加えて海山のアウトドアレジャーやそれに関連するリゾートアルバイトも盛んである。若い世代が躍動出来るチャンスは、そこかしこに転がっているのだ。また、自分が到底無理そうだからと諦める前に、とりあえずチャレンジしてみよう。結果無理だったとしても、自分の限界を知るためにこれらの経験が有用となる。そのチャレンジこそが、若者ならではの特権なのである。このように、何かに夢中になって夏を過ごせは、秋にはひと回り成長した自分の姿を見ることが出来るはずだ。